ホーム>ブログ
ブログ

「ねこのひ」によせて くーちゃん日記

みなさん、こんばんわ
くーです

きょうは、2022.2.2
すーぱーねこのひ

なにかすてきなことが
あるかとおもいましたが

ありませんでした


よのなかは、ねこまつりだというのにです

CASIOさんは、
ニャシオ計算機にしゃめいをかえて
ねこのひ、をたたえ


イズミのだいすきな
きんぐじむさんは、しゃめいとまーくを
ねこに


ぱいんあめさんにいたっては
「ぱいんにゃめ」というしょうひんまで
かいはつされました

にほんをだいひょうする
きぎょうが、ねこのひをいわっているのです


そもそも、ねこというのは
たいそう「こうき」なそんざいでした

へいあんじだいの
宇多天皇は、くろねこを
こよなくあいしていたそうで
にっきにもかいています

ーその毛の色は類稀である。この猫は漆黒で隅のよう。
 伏せている時は、丸まって足もしっぽも見えず、
 まるで、穴蔵の中にある黒い宝玉のようだ。

 歩くときはひっそりと音もたてず、
 まるで雲の上を行く黒い龍のようー

すばらしいひょうげんりょくです。
おれのことかとおもいました。
たぶん、おれの「そせん」でしょう。

いずみは、おれという
「とうといねこ」とくらしているのです
このぶろぐをよんで、こころをいれかえてほしいです

にゃ!

2022.2.2
にゃんにゃんのひによせて

くー


ご予約はこちら →