ホーム>ブログ
ブログ

くーちゃんとの出逢い (前編)

私のスイートダーリン黒猫くーちゃん。
元々は、実家の庭に住んでいました。 

{0644ABDE-1534-49B5-81EC-D6ADB77F6606}

両親も飼ってあげたいけど、高齢。
子猫を最後まで面倒が見れるかわからない。 

毎日、何度も家の中に入ってくるネコを
「可哀想に」と想いながら外に出す日々。

 ある時…
「よく見かけていた猫達がいなくなった。
きっとこの子も、大きくなったら保健所に連れていかれる」

悲しむ母が写真を見せてくれました。
 なんと、昔飼っていた黒猫とそっくり!
ひと目見たくて、思わず実家に車を走らせました。

黒ノラに会う為高速を2時間ひた走り実家到着。
が!待てど暮らせど黒にゃんはいない…。

もう帰ろう、と車に向かったその時、
きょとんとした表情の黒ネコ発見!

おやつを出したらソッコー完食。
当たり前のように、家の中に入ってきて、ものすごく人懐こい。

{847622C9-976E-488B-9AE9-3EBF46E35DD7}

飼ってあげたい…でもマンション暮らしで出張も多い。
外で自由に暮らすネコがウチで幸せになれるだろうか?
葛藤しつつ…

まず「実家に一晩入れてみよう」
ソファに寝転んでいたら、よじ登って来て首もとにぴったり。
昔飼ってた黒猫が初めての日にしたことと同じ。
生まれ変わりかもしれない…。

実はこの半年、20年前に飼ってた黒猫の夢を、
本当によく見ていたのです。

夜も枕元、頭のそばで丸まる黒にゃん

{65C0E4F8-2797-4616-9E54-A241FF50CB97}

朝、そろそろ出たいかな?と
玄関を開けるも、隙間から覗くだけ。

一度外に出たら、もう入れてもらえないと思ってるようでした。

私が玄関から出ると、一緒に出て
家に入ると、凄い勢いでついて来る。
これはマンションでも行けるかも。

まだ子猫、うちより環境が良くて
可愛がって下さる方がいたらお譲りしてもいい。
半分、里親探しのつもりでした 

ところがところが…

続く

☆営業部長 くーちゃんのひとこと

おれのうんめい

{0D1EE5BB-3996-473A-86BF-D2D47DB9FD0A}

けっこうつなわたりじゃね?

ご予約はこちら →